微細加工技術の紹介

チタンの微細穴加工

直径0.7mmを30mm掘る技術は、業界屈指の微細加工技術

チタン合金の微細穴加工・細孔加工。直径0.7mmを30mm貫通

高アスペクト比の微細穴貫通加工を得意としています。

一般に、アスペクト比(長さL/微細穴直径D)が10を超えると難易度が非常に高いとされていますが、弊社では穴の直径0.7mmに対して深さ30mmを実現。

医療機器部品に多い「チタン合金」でこの微細穴加工を実現しているところに、弊社加工技術の独自性があります。

4μの精度保証×チタン加工とアセンブリ

NC自動盤によるチタン微細加工内外径公差4μm以内

モーター部に仕様される部品で、内外径公差4μm以内に仕上げています。

工場の温度管理をした上で、NC自動盤にて加工しています。

コンテンツ
  • トップページ
  • 会社案内
  • 生産体制
  • 医療アセンブリ品の事例
  • 微細加工技術の紹介
  • 加工品の紹介
  • 取り扱い材料
  • よくある質問
  • お問合わせ
昌和精機のビジネスアイテム 医療機器製造業取得 医療機器製造業取得 エコシステム マテリアル メディア

TEL:042-683-6966

FAX:042-683-6967

メールフォーム

エミダスプロ

Copyright © 2005-2012 SPI Inc. All Rights Reserved.